JCCLS 特定非営利活動法人 日本臨床検査標準協議会  
HOME 活動支援団体について JCCLSとは 事業活動 承認文書 承認過程の事項 関連団体へのリンク  
       
JCCLS事業活動 標準品認証事業
   
       
 

多項目実用参照物質:JCCLS MaCRMの購入

 

JCCLS MaCRM 頒布案内

お客様各位

 謹啓
 平素より幣協議会の活動に対してご協力を賜り厚く御礼申し上げます。また、日頃より弊協議会認証標準物質をご使用いただき重ねて御礼申し上げます。
 さて、臨床検査の生物学的測定値(検査値)の較正は一般の物理的標準物質のようにSI単位により表すことができません。そのため、2010年米国臨床化学会(AACC:American Association for Clinical Chemistry)はNISTと国際フォーラムを開催し、標準物質に代わりに実用標準とも言うべき「パネル血清」を用いて国際的な調和を図る“グローバルハーモナイゼーション”(ICHCLR: International Consortium for Harmonization of Clinical Laboratory Results)構想を打ち出しております。弊協議会では既に実用的な「パネル血清」である多項目実用参照物質を開発しており、これを基にICHCLRと協調して、「パネル血清」を用いた臨床検査の試験方法をISO/TC212(臨床検査)に国際提案すべく活動しております。
 上記目的のために弊協議会では多項目実用参照物質: JCCLS MaCRMの第1ロット(MaCRM-001)を国際ガイドであるISO Guide34(標準物質生産者の能力に関する一般要求事項)に沿って作製し、標準物質の生産に関わる試験・分析に関しては、ISO/IEC 17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)の要求事項に基づき、検査項目30項目の値付けを実施いたしました。この度、流通を含めた本品の性能評価試験を実施し、皆様への頒布が可能であるとの検証結果を得ましたので、弊協議会から頒布を行うことにいたしました。
 尽きましては、弊協議会は、平成27年6月より頒布を開始いたしますので、ご希望の方は、下記「注文フォームはこちら」をクリックしていただき、購入フォームに記載の上、メール注文によりご購入くださるよう宜しくお願い申し上げます。

謹白

 
  注文フォームはこちら
  出版事業
  マニュアル・指針・ガイドライン
  CLSIドキュメント
  日本臨床検査標準協議会会誌
  標準品認証事業
  標準物質の管理・運用
  HbA1c標準物質について
  JSCC常用酵素・ChE等標準物質
  ISE認証標準物質
  JSCC常用酵素CRM001cの購入
  臨床検査室認定事業
  臨床検査室の認定
  認定取得機関リスト
  学術集会事業
  学術集会
  セミナー事業
  これまでの主なテーマ
  国際活動事業
  国際活動の展開
  CLSIとの協調体制
  JCTLM
  受託事業
  受託事業
  その他の事業
  不確かさの計算プログラム

 

   
  日本臨床検査標準協議会
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー 著作権について
Copyright 2006 Japanese Committee for Clinical Laboratory Standards. All rights reserved.