JCCLS 特定非営利活動法人 日本臨床検査標準協議会  
HOME 活動支援団体について JCCLSとは 事業活動 承認文書 承認過程の事項 関連団体へのリンク  
       
学術集会・セミナー記録    
       
 

平成27年度 JCCLSシンポジウム


  世界の臨床標準物質についての現状と将来について
 
主  催 特定非営利活動法人 日本臨床検査標準協議会(JCCLS)
後  援 経済産業省、一般社団法人 日本臨床検査薬協会
一般社団法人 日本分析機器工業会
一般社団法人 日本衛生検査所協会
開催日時 平成27年8月28日(金) 13:00〜17:00
開催場所 エッサム神田ホール 2階多目的ホール

■プログラム

開会挨拶:高木 康(JCCLS会長、昭和大学医学部教授)
第一部:シンポジウム 
司会:高木 康(JCCLS会長、昭和大学医学部教授)
講演1  

(13:05〜13:35)
「国際標準化と臨床標準物質」(International Standardization and Clinical Reference Materials)

藤代 尚武(経済産業省産業技術環境局国際標準課 統括基準認証統括官)

    ⇒詳細はこちら PDF
講演2  

(13:35〜14:35)
「多項目実用参照物質(Multianalyte Conventional Reference Material:MaCRM)について」
(On the Multianalyte Conventional Reference Materials :MaCRM) 

2−1.(13:35〜14:05)
「MaCRMの製造と供給体制について」
(The Production / Supply System for MaCRM)

篠原 克幸(福岡大学筑紫病院検査部技師長)
⇒詳細はこちら PDF

2−2.(14:05〜14:35)
「MaCRMの機能評価」
(Functional Evaluation of MaCRM)

細萱 茂実(東京工科大学教授)

    ⇒詳細はこちら PDF
休憩   (14:35〜14:50)
司会:矢冨 裕(JCCLS副会長、東京大学医学部教授)
講演3  

(14:50〜15:50)
「全国的な精度管理におけるMaCRM の使用方法」
(Practical Applications for MaCRM in the Nationwide Quality Assessment Scheme)

3−1.(14:50−15:20)
「JCCLSの考え方」
(Recommendations of JCCLS)

高木 康(昭和大学医学部教授)
⇒詳細はこちら PDF

3−2.(15:20〜15:50)
「日本臨床衛生検査技師会臨床検査精度管理活動の経験から」
(From the Experiences in Quality Assessment Activities Gained by the Japanese Association of Medical Technologists)

松本 祐之(一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 副会長)

    ⇒詳細はこちら PDF
第二部:特別講演
司会:濱崎 直孝(JCCLS常任理事、長崎国際大学教授)
講演1  

(15:50〜16:30)
「標準物質の国際的な開発動向」
(International developments in standard materials for Clinical Laboratory Testing)

Dr. Ian Young(Queen`s大学教授、IFCC-SD委員長)

   

⇒詳細はこちら PDF

閉会挨拶:矢冨 裕(JCCLS副会長、東京大学医学部教授)


 
   
  日本臨床検査標準協議会
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー 著作権について
Copyright 2006 Japanese Committee for Clinical Laboratory Standards. All rights reserved.